FC2ブログ

平成18年5月19日(金)

2017/11/28
■昼:ハンバーグ弁当(岸商店)
■夜:薩摩しゃも(五反田とうきゅう8F)にてしゃも刺・しゃも唐揚・ゴーヤ天ぷら
    胡瓜トマト・銀だら焼魚定食・ビール・芋焼酎

■ほとんど居眠り状態だった17:00ちょうどに1人の客(大分以前のリピーター)
  からドッカーンと大量受注。
  一気に血圧がリミッター一杯に振り切れる。こんなことやってたら死にます。
  しかも製作後に刻字間違えが発覚。気絶しそうになるのを必死に
  こらえて18:50梱包終了。チャリでぶっ飛ばすと隣地区担当ドライバーが
  今にも後部ドアを閉めようとしてる。大声で「ちょっと待ってぇ~!!」
  なんとか間に合った安堵感でその場にへたり込みそうになる。疲れる。
■でもって19:00に店閉めて早々に退店、早足で地下鉄駅まで。
  銀座伊東屋で紙注文して速攻で銀座線。渋谷・東急ハンズでチープ製作器
  サプライをさっさと買って店を出るときに閉店の音楽とアナウンスが流れた。
  ほっとするのも束の間、今度は急に雨が降り出してきやがった。
  相方の先導で109から地下に潜り込んだおかげで濡れずに渋谷駅到着。
  もう晩飯買って帰る気力も体力もない、
  とうきゅう8Fの薩摩しゃもへ。しゃも(軍鶏)ってほんとにうまい。唐揚も刺身も。
■少量の酒に酔い、満腹になって22:00に店を出て、雨の中を早足で帰宅。
  シャワー浴びて23:00には撃沈。明日は早起きだ。
■早起きどころの段ではない。2:30に小便覚醒してメールチェックしたら
  妙に目が冴えちまって、読みかけの「ウルトラ・ダラー」を一気に最後まで
  読んで、「コミック仕掛人藤枝梅庵」を呼んでも一向に眠くならないので
  不燃ごみ出しもあるのでそのまま起きて6:00出勤。
 
【2017.11.28 追記】

当時の稚拙な文章力(今もだけど)と未成熟な味覚(今もだけど)では
軍鶏肉に「美味い」としか表現できなかった。

筋肉質のせいか硬いのではなく弾力に富み、噛めば噛むほど味が出てくる。
かといって、いわゆる羊やその他のジビエ肉のような独特の臭いやクセといった
「野趣溢れる」というニュアンスとは大いに異なる。
軍鶏のそれは「野生的」と言う表現が最適だと思われる。

特に唐揚げのあの歯ごたえのあるうまみは今でも忘れられない。
今わの際に走馬灯の如く、失われ行く意識の中に浮かぶかもしれない。
その前に、なんとしてももう一度食しておきたい。
 
comment (-) @ 平成18年(2006)5月
平成18年5月20日(土) | 平成18年5月18日(木)