FC2ブログ

平成18年10月2日(月)

2017/12/05
■昼:豚生姜焼き弁当 飯1/3残し(田中酒店)
■夜:のり鮭弁当(おべんとうハウス)

■12:30に男性からTEL。「おたくの場所どこですか?、今ブックセンターなんだけど。」
  「(ブックセンターって…笑)ブックオフですね。そこを右に曲がって80mです」
  「わかりました、今行きます」 それにしてもやたら声がでかいというか元気な男だ。
  すぐにその電話の男らしき客が来店。「銀行印作りたいんですけど」
  ハンチングをはじめ、全身黒ずくめ。顔もよく焼けてやがる。微かに高そうな香水。
  「これに苗字彫って¥3,990です」と紹介しながらほんの一瞬男の顔をチラと見たら
  なんと高田純二本人であった。悪いが意外に背が低い。これじゃあ五反田の街を歩いてても
  本人とはまず気づかれないだろうな。30分後の再来店時には相方が志願接客。
  先日のマツケンもそうだったが、こういう時は知らん顔してあげるのが都会人の礼儀。
■コピー業者からに「マスタ異常なし、明日発送」との連絡にほっと胸をなでおろす。
  水曜日に一斉発送して週末には盛岡でご両親にご覧に入れて、3週間で完結だ。
■午後からもヒマだったので久しぶりにルーティン・雑用以外の創造的お仕事。
  とはいうもののこちらは企画書作るだけ、3人の先生方がこれから大変なのである。
  明日明後日で価格を設定して、来週から本格的に大幅リニューアルというより
  むしろリストラクチャリングと呼ぶべき大改造に着手しよう。
■23:30に帰宅。シャワー浴びて霧笛楼オリジナルビールを飲みつつ(激うまい!)
  「小説吉田学校」DVDの続き。森繁は吉田首相によく似せてはいるが、
  そのあまり演技が単調。もっとも演技どうこういうような映画ではないかも。
  でも西郷輝彦の田中□栄はなかなかのものである。1990のボウモア16年(国内未発売)
  飲んでその凄まじさにぶったまげて26:00就寝。もう焼酎には戻れねえな。

(文中敬称略)
 
comment (-) @ 平成18年(2006)10月
平成18年10月3日(火) | 平成18年10月1日(日)