FC2ブログ

平成14年9月14日(土)

2015/06/20
■昼:ピラミッド盛り蕎麦・小天丼(遊庵)
■夜:緑のたぬき・しめじご飯

■11:00出勤。Yちゃんから電話「昼どうします?」、久々の遊庵にて2人揃って「ピラミッド!」
 他の客の視線を横目に3分あまりで完食、うまい。
■WhitesnakeのブートDVD到着。早速見ていたらだんだん外出したくなくなった。
 天気も悪いしなあ。
■14:00にようやく重い腰を上げて駅まで徒歩。
 池袋・サンシャインでの業界コンベンションに行かなくちゃ。
■会場奥のS社ブースへ一直線。担当B氏、元担当U氏を見つけ、目配せ。
 両氏に誘導されてブース裏の控室へ。非公開の極上品を品定め。
 10分ほどでヒミツの商談は成立し、何事もなかったかのように平然と立ち去る。
 大収穫であった。
■外注先のN社ブース前にて担当S氏、先ごろの見積りで世話になったO氏ならびに社長と談笑。
■そこで何と横須賀・K兄さんとバッタリ。
 弟のカルロスからいろいろと聞かされていただけにお元気そうなお姿を拝見してとっても安心。
 言っちゃあ悪いけど、これまでがあまりに順調に来すぎたのよ。
 人生には一定量の試練が用意されているけれど、どういう形で出現するかは宇宙意思のみぞ知る。
 小出しにされる人もいるかと思えば、K兄さんのように、一度にドドーンとくる場合もある
 でも、えてしてその人に合った登場の仕方をするんだな。
 K兄さんの場合でいえば、たとえプチ試練でもだらだらと断続的に襲われていたら、
 今の彼の若さ、明るさはとうの昔に失われていただろう。
 現実に、K兄さんはその素晴らしいキャラクターを損なうことなく、
 時間の経過とともにどうやら乗り越えつつあるようだ。
 ご当人の努力、葛藤、周囲の理解とサポートあってこそのものだけど
 必死に生きようとする人にとって、この世はまだまだ捨てたものじゃないということだ。
 ちなみにオレの場合は、すぐに図に乗るのを戒めるべく、
 7年前から2,3年に一度の波状攻撃。辛いっ。
 ともあれ、元気になったK兄さんに会えて大感激!
■フェアの帰りにHMVでついに買ってしまったMenikettiのCD、でもJack Russelは見つからず。
■勤務先に戻ってゴーストライティングに励みつつも、耳はMenikettiに、目はTCK中継に釘付け。
 おいおい、大丈夫かよ。
■22:30にタクシーで大井町往復。自宅に戻って明日の予想。今開催は差し有利!
 
comment (-) @ 平成14年(2002)9月
平成14年9月15日(日) | 平成14年9月13日(金)