FC2ブログ

平成17年11月5日(土)

2017/11/23
■昼:三陸産カキフライ定食(カワトク食堂街・かつ楽)
■夜:盛楼閣にて極上カルビ・極上ロース・タン塩・上ミノ・ユッケ・にんにく焼・キムチ・
    サンチュ(サニーレタス笑)・冷麺中辛・黒生・焼酎ロック1杯

■起きたら9:30で朝食食い損ね。まいいか。食事より睡眠補給が先決である。
  当初、本日は朝から盛岡競馬場の予定だったが、タクシー往復で¥7,000くらい
  かかるし、いくら見晴らしよくてきれいな競馬場とはいえ、知らない馬や騎手の
  馬券買って負け続けてムキになって散財することもねえなと大人になって断念。
  「頭が軽く痛い」という相方を連日のようにおいて快晴の盛岡市内を1人散策。
  大通り→中の橋通りを盛岡第2のデパート(2つしかねえけどね)「中三」まで行き、
  肴町商店街(アーケード街)を通り抜け、中津川渡って3日連続の岩手公園へ。
  今日も烏帽子岩近くのあずまやでメールチェックして昨日分のこれ書いて、
  TちゃんとTELで仕事の打ち合わせ。そうこうするうちに12:30、相方からTEL。
  で、ホテル前で待ち合せて向かいのでカワトク食堂街かつ楽で昼飯。
  なんてこたあねえとんかつ屋だがうまかった。かきは三陸産に限らあね。
■腹ごなしに盛岡駅まで歩き、フェザン1Fのおでんせ土産館・岩手路で妹の
  リクエスト分を発送し、本日のライヴ会場である西口<マリオスを下見して、
  ホテルまでだらだらと帰る15:30。考えたらこの3日間歩き通し、疲れるわけだ。
  2人して少し寝ようと横になっているとTちゃんからTEL。迷惑になるので
  部屋を出てホテル前で折り返しTELして新企画の説明すると非常に好反応。
  やっぱりね。これだとしっくりくる。いくらなんでもスマイル企画は無理があらあね。
  というわけで、どちらかというと難関と思われたTちゃんへのプレゼンが成功。
  帰京次第Tちゃんへのプレゼン向けサンプル製作に入ることにしよう。
  ご無理言いますが、年末年始のハイシーズンには間に合わせたいので、
  ご多忙とは存じますが、どうかひとつよろしくお願い申し上げます。
■部屋に戻り、起きだした相方を尻目にベッドに横になり、ほんの少し読書して
  すぐに沈没。1時間半ほど熟睡し、相方が部屋を出た音で目覚める。
  彼女は今回の最大イベント、THE ALFEE盛岡公演に出かけたのであった。笑。
  その間、ひとりで何をしようかと思い悩んだ。本日封切りの映画「三丁目の夕日」
  でも観るかと思ったが、それも悪いけど帰京すれば品プリシネマの素晴らしい
  座席で観られるんだからと断念し、結局ホテルの部屋で今日ここまでの日記書いて
  このあとはキャリーケース内の荷物整理したり「ポーツマスの旗」を読んだりして
  相方からのTELを待つとしよう。
■21:00に「次がラストアンコール」の連絡が入る。予想より短めだ。やはり地方公演?
  歩いても10分くらいだが、念のためタクシーで盛岡駅まで。東西自由通路を通って
  西口へ出て待つこと5分、お客がぞろぞろと出てきた。ほとんどが30代後半~40代
  ポッチャリタイプの女性1人か2人連れ。悪いがこれでは掃き溜めにナントカだな。笑。
  しばらくしてTEL「いまエレベーター上がってる」 はい諒解。どこにいても見えます
■自由通路を通って東口に戻り、いよいよ盛楼閣だ。満席を懸念していたが心配なし。
  前回もそうだったかは覚えてないが、ここはシンプルである。エプロンサービスなし、
  肉類頼んでもチョイ野菜などの付け合せなし、アイスのサービスなし、会計時の
  ガムのサービスもなし。でもそんな些細なこたあどーでもいいのだ。肉が柔らかくて
  うまい、特に今回は極上ロースが強烈であった。そして特筆すべきは盛岡冷麺。
  五反田の大山飯店でも、叙々苑でもそうだったが、スープがまったく辛くないのだが
  盛楼閣のは辛さが何段階にも別れていて選べるのである。麺も他に比べると
  1.5倍くらい太えんじゃねえか。歯ごたえも喉越しも抜群である。冷麺は盛岡に限る!
■23:00に退店してホテルまで10分少々ゆるゆると歩く。寒いね。冬がそこまで。
  帰って相方が入浴中にTちゃんから頂戴した宿題をこなし、「ポーツマスの旗」を
  読みながらゆっくり入浴して上がって少し涼んで25:00に文字通り気絶。
  はちきれんばかりの満腹感、これで明日朝ラスト朝食食えるのか?食えるでしょう。

【2017.11.23 追記】

思えば焼肉も冷麺もすっかり縁遠くなってしまった。
というより、元来、焼肉自体、そんなに好きではない。

肉自体は決して嫌いではないが、ひたすら肉を焼いて食うという行為自体が少々苦手。
会話を楽しみながらのんびり飲み食いする方が好きだ。

それと、特にカルビを食べた後の胸焼け、あれが辛い。
いわゆるサシが入った肉は確かに柔らかいが、胃袋に収めてからが厄介だ。
 
comment (-) @ 平成17年(2005)11月
平成17年11月6日(日) | 平成17年11月4日(金)