FC2ブログ

平成14年8月25日(日)

2015/06/18
■それは23日(金)11:00ごろ、「ピーン」という音と共にやってきた。
 久々の超激烈なる腰痛。
 郵便物をチェックしようと、少しかがんでポストを開けたとき、
 いやな音を伴って背中に電流が流れた。
■恐らくは3年ぶりだろう。これが起きると数日間はまともな生活はできない。
 背をかがめることは一切できず、歩行すら難しい。トイレ?だめよ。
■それでも当日はどうしても本店に行かねばならず、とっとと用を済ませて八幸へ。
 先日の納涼会でご一緒だった常連さんがズラリ勢ぞろい。
 しかも丁度折よく自宅療養中のママと電話でお話しできた。
 復帰にはまだ時間がかかりそうだが、快方に向かっているとのこと。
 元気そうなお声を拝聴し大いに安心する…思えばそれがよくなかった。
 すっかり仲良くなった常連さんたちが入れ替わり立ち替り、
 オレたちテーブル(ひとつしかないが)に来て下さり、大いに盛り上がる。
 とても楽しいひと時を過ごし、この日は気持ちよく寝た。
■翌24日(土)朝8:30に目覚める。二日酔いか?
 トイレに行こうと起き上が…痛えーーーーっ!!
 恥ずかしい話だが、あまりの激痛に思わず涙ぐむ。
 酒ナンテ飲ンジャ、イケナカッタンダ。
 今日は土曜日だし、本来休業日だし、このまま寝ているのがいちばんいいのだが、
 あいにく11:00に来客の予定。ああ、行かなくちゃ。
■歯を食いしばりつつシャワーを浴び、やっとのことでチャリに乗り、なんとか出勤。
 しばらくすると頭がボーっとしてきた。体温計はないが38℃は超えてる、腰の熱だ。
 半分気絶しながらも、山のような宿題と対決。
 それでも夜は意地汚くサントリーモルツを2缶飲んで24:30に撃沈。
■そして今日は11:00起床。まだ痛いが大分快方に。
 痛みというのはなんでもそうだが、なってみないとその辛さはわからない。
 このときばかりは体がご不自由な方のお気持ちを、
 文字通り痛いほどお察し申し上げるとことができる。
 それじゃだめなんだけどね、ほんとは。
■溜まった仕事を片付けて、卓上ラックを2つ組立たはいいが、肝心の収納するものがねえや。
■PC大移動(第1部)はどうやら完了。XP好調。
■金曜日に大井町ヨーカ堂内の書店で「風雲児たち-幕末編1」(リイド社)を発見。
 これがなかったらこの週末はもっと悲惨なものになっていただろう。
 いきなり10回読み返し。
 「鬼平犯科帳」と並ぶオレのバイブル…コミックだけどね(恥)。
■さあ、態勢は整った。やるぞゴーストライティング!
 
comment (-) @ 平成14年(2002)8月
平成14年8月26日(月) | 平成14年8月20日(火)